about

田畑を荒らす有害獣として駆除されている鹿や猪。

しかし駆除されたとしても、もともとは命ある生き物です。

最近ではジビエとして食肉利用する動きも増えてきましたが、獣皮はほとんど廃棄されているのが現実です。

TALABOはいただいた命を大切に使うための取り組みとして、食用に使用された猪や鹿の皮をレザーグッズに変える取り組みをしています。


TALABOとは?

運営団体「建部獣皮有効活用研究所」の

たけべ + ラボラトリー 
Takebe + laboratory


の略として付けた愛称が「TALABO」です。


岡山の建部にある研究所、と言う意味ですが

他の産業と一緒になってコラボレーションアイテムを展開していくという「コラボ」の意味も含まれています。


一般にはあまり流通していない貴重な猪や鹿のジビエレザーは、個体によって質や風合いが異なります。

そのため、工業製品のように均一な商品ではなく、一つ一つ個性が残る革となっています。

その手触りや風合いを存分に楽しいでいただきたいという思いから、TALABOでは天然素材だけを使用して鞣されたエコレザーを中心に取り扱っています。


「こんな商品欲しい!」

「コラボ商品を一緒に作りたい!」

という方はお気軽にご連絡ください。